弱酸性シャンプーとは

シャンプーには様々な種類があり、肌への優しいものを基準に選ぶ方もいらっしゃるでしょう。
しかしシャンプーには弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあり、どちらが肌に優しいのか分からないという方もいらっしゃいます。
シャンプーは「高級アルコール系」、「石けん系」、「アミノ酸系」の3種類に分類され、量販店で最も多く販売されているのが「高級アルコール系」のシャンプーです。
ここでは入手しやすい「高級アルコール系」のシャンプーのうち、弱酸性のものについて詳しくご紹介します。

人間の肌は元々弱酸性であり、頭皮も同じく弱酸性です。
そのため、洗顔料や化粧水、シャンプーなど肌に使用する化粧品や洗浄剤が弱酸性の場合、負担や刺激が少ないとされています。
しかし弱酸性だからといって必ずしも肌に優しいとは限りません。
弱酸性シャンプーの洗浄成分は「合成界面活性剤」であり、この洗浄成分がシャンプー後の頭皮に残ってしまうとタンパク変性を起こし、頭皮の角質層を劣化させるとされており、肌への負担が高いとする医師もいます。
このことから、弱酸性シャンプーは免疫力が低下した高齢者には向かず、介護施設などでは使用されていません。

しかし合成界面活性剤は決して頭皮に刺激を与えるものではありません。
肌質によっては弱酸性シャンプーが適している方もいらっしゃいます。
また弱酸性シャンプーを使用することで、パーマやカラーリング直後のダメージを受けた髪のキューティクルを閉じ長持ちさせる効果も期待できます。
シャンプー選びにおいて重要なのは、頭皮の肌質や髪のダメージ度合いによって適切なシャンプーを選ぶことです。

また頭皮や髪の毛を健康に保つうえで重要な正しいシャンプーの洗い方や、加齢と共に気になり始める抜け毛の対処法などを別頁にて詳しくご紹介しています。
ぜひそちらも併せてご覧ください。

Copyright © 2014 弱酸性シャンプーの利点と抜け毛改善方法 All Rights Reserved.